災害時にペットと一緒に避難する時にどんな点に注意すればいい?

万が一の事態に備えておこう

一緒に避難できるように準備する

避難所の敷地内まではペットを連れて行っても良いけれど、室内には入れないルールになっている地域もあります。 自分だけでなく、町内のみんなが避難してくるところです。 中には動物を怖がる人もいるでしょうから、地域のルールに従ってください。 無理に連れ込むことは禁止です。

どこまで連れて行けるのか

災害が起きたら、避難所に行くと思います。
しかしペットも連れて行けるのか、必ず確認してください。
事前に町内の責任者に質問すると、ペットを連れて行って良いのかわかります。
他の人のことも考えて、ペットは室内に入れることを禁止しているかもしれません。
その場合は自家用車にペットを載せて、避難所で過ごすと良いでしょう。
ダメだと言われたら、無理に連れ込まないでください。
特に大型の犬は、怖がる人も多いです。

またペットの餌を確保しなければいけません。
人間の食料は、支給されることが多いです。
しかし、さすがにペット用のエサまでは提供してくれません。
自分で調達してください。
買い物に行けるか分からない状態なので、前もって用意することが重要です。
非常用持ち出し袋の中に、ペットのエサも入れておきましょう。
缶詰のエサは長持ちしますし、ペットの食欲が湧きやすいのでおすすめです。
できれば、普段使っているのと同じお皿も準備しましょう。

トイレの用意も忘れないでください。
ペットも人間と同じように、用を足します。
その辺に用を足してそのままにしておくと、不衛生なので必ずペットシートや、トイレ砂を使ってください。
消臭、除菌効果があるトイレシートがおすすめです。
それなら周りの方々にも迷惑を掛けずに済みますし、伝染病の予防に繋がります。
自分たちの用意ばかりして、満足してしまう人が見られます。
しかしペットのことも考えて災害対策をしましょう。

お腹が空かないように

災害時は物流が滞るので、エサの確保が難しくなります。 非常用持ち出し袋の中に、ペット用のエサも入れておきましょう。 普段使っている食器なら、災害時でもペットはエサを食べてくれると思います。 ペットの食欲が沸くように、好きなエサを用意してあげてください

ペットが用を足しても良いように

生きていれば動物は用を足します。 ペットの排泄物を、そのままにしないでください。 放置していると臭いがして、周囲の人に迷惑を掛けます。 また感染病の原因になるかもしれません。 きちんと処理して、感染病を防いでください。 そのため、トイレシートや砂が必要です。