災害時にペットと一緒に避難する時にどんな点に注意すればいい?

>

お腹が空かないように

好きなエサを持っていこう

災害が原因で、ペットは大きなストレスを受けてしまいます。
食欲が湧かなくなるかもしれません。
しかし何も食べないと健康に害が出るので、好きなものを食べさせてください。
犬や猫だったら、缶詰のエサを与えましょう。
缶詰は良い匂いがしますし、柔らかく食べやすいので好きな子が多いです。
カロリーが高いですし、歯垢や歯石が付きやすくなるので、普段は缶詰のエサを控えている人がいるでしょう。

しかし災害時は特別なので、ペットが喜ぶものを与えてください。
念のために、ドライフードも持って行きましょう。
避難所にいることで環境が代わり、食欲を失くす子もいます。
その場合は、普段食べ慣れているドライフードの方が良いかもしれません。

普段使っている食器

災害時は、できるだけ普段と同じような環境することがポイントです。
するとペットが受けるストレスが軽減されます。
そのため普段使っているのと、同じ食器を使うのがおすすめの方法です。
災害時にそのような余裕がないかもしれませんが、ペットのためだと思ってください。
どの動物でも、ストレスに非常に弱いです。

ストレスをたくさん受けると病気を発症してしまうかもしれません。
災害時に病気になっても病院に連れていけないので、ただ弱っていくだけです。
そんなペットの様子を見るのもつらいでしょう。
病気にならないため、災害時でもストレスを削減できるような工夫をしてください。
ペット用のオモチャなどもあれば、ストレス解消に繋がります。